返済に困らないように気をつけること。

キャッシングできるカードを複数枚持たないようにする

カードローンは使い方を誤ると、瞬く間に借金で首が回らなくなり、最終的に自己破産へ進むことがあります。そうならないよう、計画的な借り入れと返済を行うためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
まず、キャッシング可能なカードを二枚以上持たないようにするということが挙げられます。カードを二枚持つことは、一見すると便利に思えます。というのは、一枚のカードになにかトラブルが発生して借り入れできなくなった場合でも、バックアップとしてもう一枚あれば乗り切ることができるからです。
しかし、二枚持っていると「借金で借金を返済する」ことが可能になってしまいます。つまり、Aのカードへの返済をBのカードで行う、その次にBのカードの返済日がきたらAのカードで借り入れをして返すということができるのです。これを行うとあっという間に債務が増えて、返済に行き詰まる可能性が高くなります。

収入に見合った利用限度額に設定する

次に収入に見合った利用限度額を設定するようにしましょう。カードローンは、契約時の利用限度額が10万円程度であっても、何度か借り入れと返済を繰り返していると自動的に限度額が30万円、50万円と上がっていくことがあります。限度額が増えると、物欲などに負けてつい大金を借り入れてしまうことが起こりえるので危険なのです。たとえば、手取りの収入が毎月10万円しかない人が、限度額100万円のカードを持ち、100万円借りて使ってしまったら返済は相当苦しいものになってしまうでしょう。
もし、使っているうちに利用限度額が上がってしまった場合は、カード会社に連絡して下げてもらうことが可能です。そして、自動的な増枠はやめてほしいと頼めば、勝手に上がらなくなります。