あなたにピッタリのカードローンの選び方

総量規制に抵触していないか確認する

カードローンの申込先を選ぶ際には、具体的な金融業者を選ぶ前に自身の借入状況を確認しておくと必要があります。なぜなら、貸金業法により定められている総量規制では、年収の1/3を超える融資を禁止しており、総量規制に抵触している場合には最初から消費者金融や信販会社は申し込み対象外となるからです。総量規制に抵触していなければ、全ての金融業者から融資を受けられる可能性があるので、個別具体的な条件によりカードローンを絞込検索して選ぶことになります。銀行や信用金庫のカードローンならば、総量規制対象外となっているので、総量規制に抵触していても申し込み可能です。申込者本人が働いていて安定した収入があるならば、総量規制抵触有無により申込先カードローンの選択肢に違いが生まれます。

金利重視で選ぶなら銀行カードローン

カードローンを選ぶ際には、同じ金額を借入しても年率が低いほど返済時の利息を少なく出来ます。金利重視で選ぶなら、消費者金融よりも銀行や信用金庫のカードローンが有利です。なぜなら、消費者金融や信販会社のカードローン金利は、利息制限法で定められた上限金利に近い高金利が設定されていますが、銀行や信用金庫のカードローン金利は最初から年率15%未満で融資が行われているからです。銀行や信用金庫のカードローンが低金利融資可能となる理由は、貸付条件として保証会社との保証契約を受けられることを条件としているためと考えられます。銀行や信用金庫は、自ら貸し倒れリスクを負わずに長期延滞が発生した時には代位弁済請求を保証会社に行い貸付金を全額回収出来るので、損をしない分だけ低金利融資が可能です。